PROJECT

東京立ち寿司

CATEGORY

PROJECT

SHARE

本物感と大衆に愛されるカジュアルさを共存させた新しいブランドづくり

東京府中の〝ぷらりと京王府中店 TSUZUMI〟にオープンした、
立ち寿司のお店「板前スタンド 東京立ち寿司」

商業施設用に既存ブランドをアップデートし名前もロゴも新しく考案。
商業施設の中で映えつつも馴染む、地域から愛されるお店を目指しました。

漁師から直送で鮮度の良いネタが入るというエー・ピーカンパニーの強みと、コロナ禍を考慮しDX化した店舗。
目の前で板前さんが握ってくれる本物感と、大衆に愛されるカジュアルさを共存させる新しいブランドづくりに努めました。

カウンター寿司より高くない。回転寿司よりちょっといい。
高級ではなく上質を目指す。

緊急事態宣言下において当初の計画より大幅にスケジューズが遅延する中
諦めずプロジェクトを進行していったクライアントに感謝です。

SHARE

BACK TO INDEX