CATEGORY

PROJECT

CLIENT

福レ餅

SHARE

北海道神宮の境内にある 「神宮茶屋」新名物が誕生。

「焼きたて福レ餅」は餡子が入った大福餅を熱々に熱した鉄板で一枚一枚挟み焼き。
周りはカリカリ中央部分のお餅と餡子はもっちりとした食感に。
最中のような香ばしい味わいはどこか懐かしくもあり何枚でも食べられてしまうほどのおいしさです。

今までにない大福の美味しさを目指し、誕生した新しい味わいの和菓子の「福レ餅」も「焼きたて福レ餅」も北海道産のもち米からできています。

祓い清めのために撒いたりお餅にして神前に供えたりと古くから尊いものとされてきたお米。

「福レ餅」という名前には、“繁栄の象徴でもあるお米が福を呼びあなたのもとへ訪れますように”という願いが込められています。

関連制作物

WORKS

SHARE

BACK TO INDEX